北九州テレワークセンター

 概要施設ガイド周辺情報とアクセススタッフ紹介

当センターは、新事業創造支援を通じて北九州地域の経済活性化・雇用創出に寄与する事を目的に2000年4月20日にオープンしました。
ITを活用しビジネスを展開する企業や新事業に挑戦するベンチャー企業を応援するとともに、広く市民の皆様へも情報通信の場を提供しています。

北九州テレワークセンターのミッション

  • 北九州地域における情報関連系ベンチャー企業の創業及び成長を支援する。
  • 情報関連産業における新事業創出を通じて、北九州地域の雇用創出、地域経済活性化に寄与する。

新たなるビジネス展開の拠点
北九州市の中心・小倉駅北口から徒歩5分、ビジネス展開の拠点として最高の環境を提供。インキュベーション・マネジャーが様々な経営課題解決に向けて全面的にバックアップします。また入居者間、市内外企業等との情報交換・人的交流を通じて、新たなビジネスやさらなる事業展開を支援します。

インキュベート支援環境
入居者が自由に活用できる高速通信回線、商談や情報交換の場としてのコミニュケーションスペース、快適なオフィス空間、コピーセンター等を用意し、
初期投資を押さえて起業・ビジネス展開できる環境を提供しています。

ビジネスサポート
市内公共ビジネスサポート施設等との連携によるビジネスマッチングコーディネート、各種相談、人材育成事業などを展開しています。

情報リテラシー向上の場
インターネット体験、打ち合わせが自由に行える市民開放型多目的スペースや、
パソコン等を備えたセミナールーム、会議室を用意し、情報リテラシー向上の場を提供しています。

  • 「インキュベーション」ってなに?
    「インキュベーション」とは、「ビジネス・インキュベーション」の略語で、一般的には「企業孵化」等と訳されていますが、北九州テレワークセンターでは「新事業創出のための支援」と定義しています。つまり、「孵化器」にあたるインキュベーション施設(=北九州テレワークセンター)で起業家の皆様をサポートする支援システムのことです。

  • 「インキュベーション・マネジャー」って何?
    「アントレプレナー」を志す人を探し、相談にのり、事業開始後は成長するまで様々な支援をする人のことです。その結果として生まれるものは事業(ビジネス)ですが、それを創出するのは「アントレプレナー」自身です。つまり「アントプレナー」の皆様を知識、ノウハウ、経営資源などの、様々な面からサポートし、よき相談相手となり、インキュベーションシステムを活かしながら、ビジネスアイディアを事業へとつなげていく「アントレプレナーの伴走者」をインキュベーション・マネジャーとよびます。

  • 「アントレプレナー」って何?
    フランス語のEntrepreneur(アントレプレヌール)という言葉が英語になったもので、一般的には「企業家」と訳されますが、新分野や新事業に挑戦する勇気あふれる「起業家」のことです。
    語源としては entre=between、preneur=takerの造語で、請負人(taker)の間、即ち今日の言葉の「仲買人」が転じて「起業家」になりました。
〒802-0001北九州市小倉北区浅野3丁目8番1号AIM(アジア太平洋インポートマート)ビル6階
TEL:093-513-5300FAX:093-513-5323E-mail:info@k-twc.gr.jp